本能寺の変 15〜備中へ出陣した光秀 1〜

前回は「本能寺の変 14〜明智光秀の所領の行方 3〜」の話でした。

織田信長と明智光秀(新歴史紀行)

当時光秀が「秀吉の援軍」を命じられて、「秀吉の傘下に入ることは屈辱的で事実上の左遷」という説があります。

羽柴 秀吉(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

調略や情報収集に長けていた秀吉に対して、光秀は信長の側で総合的な戦略立案もしていたでしょう。

そもそも、前政権であった足利義昭を1573年に追放して、まだ10年経過していません。

そして、身分が軽かったとはいえ、足利義昭の家臣であった光秀。

光秀の立場は、「前政権から織田政権への移行」を考えたとき、非常に重要です。

明智 光秀(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

義昭様とは、
まだ繋がっているのだ。

前政権と織田政権の架け橋となる立場の、光秀と細川藤孝。

細川 藤孝(Wikipedia)

いかに秀吉が「織田家随一の出頭人」とはいえ、「信長あっての秀吉」です。

「秀吉の援軍」=「秀吉の傘下」ではなく、むしろ秀吉の戦略をやや上から確認する軍監的立場だったと考えます。

光秀の人生 2(図説明智光秀 柴裕之編著 戎光祥出版)

上図は光秀の坂本城主から丹波攻略に至る頃に、主に過ごしたエリアです。

途中、大和 松永久秀叛逆に対する合戦なども出陣を命ぜられ、文字通り八面六臂の戦いをした光秀。

そういうイレギュラーな戦いを含めても、主に京都周辺で人生を送ります。

丹波平定後の光秀の領地(図説明智光秀 柴裕之編著 戎光祥出版)


「近畿管領」の名にふさわしく、京・山城を取り巻くように光秀の領国があります。

私は織田家No.2なのだ!

織田政権末期において、「最大の大名」であった毛利家。

その毛利と戦う秀吉の「織田家における立場の重さ」は重大です。

しかし、毛利家は元就が死去後、長男・隆元がなくなり、当主は幼い輝元です。

いかに補佐する吉川元春・小早川隆景が極めて優れていても、おとなしい存在です。

吉川 元春(Wikipedia)
小早川 隆景(Wikipedia)

「成り上がりもの」の信長にとっては、「領土の広さ」は、もはや大した問題ではなかったでしょう。

それよりも、「統一後の自らの政権の確立」が大事であり、光秀はうってつけだったでしょう。

目次
閉じる