井伊直弼 8〜大老という存在〜|幕末維新

前回は「井伊直弼 7〜家定の決意〜」の話でした。

211130井伊直弼01m

井伊直弼(Wikipedia)

「大老を任命し、この非常時を乗り切る!」と決断する将軍家定。

211218徳川家定w
第13代将軍 徳川家定(Wikipedia)
といっても、大老は非常職です。
そして、「簡単に任命するべきではないポジション」です。
最高権力者はもちろん将軍ですが、将軍は「後方で鎮座している存在」とも言えます。
事実上、老中が総理大臣のような立場。
老中が、政治上の意思決定者です。
↓クリックして応援してください!↓
にほんブログ村 歴史ブログへ
目次
閉じる