本能寺の変 21〜信長の将来構想 1〜|北陸柴田軍団

前回は「本能寺の変 20〜信長の在京理由 2〜」の話でした。

織田 信長と明智 光秀(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

本能寺の変当時の、織田家の立場は、盤石となりつつありました。

1582年の織田家勢力図(別冊歴史人 「戦国武将の全国勢力変遷地図」KKベストセラーズ)

越後の上杉家は、柴田勝家の北陸方面軍で押しに押していました。

柴田 勝家(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

上杉を叩き潰すのは、
もう一歩!

森可成(Wikipedia)

しかも、越後の南には、武田領だった信濃北部に猛将 森可成がいました。

俺も越後に攻め込むぜ!

上杉 景勝(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

これは、
非常にまずい状況だ・・・

柴田勝家・佐々成政らの柴田北陸方面軍だけでも、負けそうなのに、信濃からも攻められたら上杉は終わりです。

もはや・・・

北条 氏政(Wikipedia)

北条家は、織田殿に
従います。

関東の大大名 北条家は、織田家に従属的立場となり、武田攻めにも加わりました。

東北の伊達家は友好関係で従属へ、そして、中国地方ではまさに秀吉が毛利と戦っていました。

羽柴 秀吉(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

残るは四国・九州です。

四国の長宗我部に関しては、石谷家と斎藤利三・明智家の関係が原因の一つとされていますが、別の機会とします。

三男信孝を主将、丹羽長秀が副将、現地の根強い勢力三好康長もいたので、長宗我部も大きな時間かからないでしょう。

長宗我部元親(Wikipedia)

我が長宗我部は、
織田殿と戦いたくはないのだが・・・

「先を読んでいた」長宗我部元親は、早い時期から信長に誼を通じていました。

そして、長男は信長から偏諱を受け「信親」と名乗っていたのです。

約束を保護にしたのは、
信長殿だ・・・

「四国は切り取り次第」と元親と約束した信長でしたが、

三好もいるから、長宗我部は土佐と
阿波の一部でどうだ?

そんな・・・

約束を一方的に保護にしたのは、信長でした。

九州は島津家が猛烈な勢いを持ちつつありました。

1582年頃の九州勢力図(歴史人2020年11月号 KKベストセラーズ)

しかし、島津は織田家と全面衝突はしない可能性が高かったでしょう。

本能寺の変当時は、まだ龍造寺も健在でした。

仮に島津と一線交えても、惟任明智光秀が主将・惟住(丹羽)長秀が補佐で織田家は九州へ攻め込みます。

丹羽 長秀(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

それに中国地方で毛利を倒した羽柴秀吉が組む可能性がありました。

場合によっては武田家同様、朝廷を動かして島津家を朝敵とすれば、大きな時間がかかるとは思えません。

順調にゆけば、
あと1〜2年で天下統一だ!

と織田信長は考えていたでしょう。

そして、

天下統一後の、織田家は
日本の国家となる。

諸将をどのように
配置するか?

この「織田家のかたち」を信長は考え続けていました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次