本能寺の変 5〜光秀の実年齢〜|織田信長と明智光秀

前回は「本能寺の変 4〜中央で統括する光秀〜」の話でした。

司馬遼太郎氏は「国盗り物語」などにおいて、本能寺の変直前において「織田信長にとって、有用な人材は一に羽柴秀吉、二に明智光秀、三に柴田勝家・・・」という描写しています。

実際は「一に抜群に明智光秀、次いで羽柴秀吉、柴田勝家・・・」であったと思います。

織田四天王

本能寺の変の時の光秀の年齢は55歳、67歳など諸説あります。

本能寺の変勃発時の織田信長の年齢が49歳です。

明智光秀(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

信長に仕官し始めた(当時は足利義昭と両属体制)のは本能寺の変の15年前の1567年。

本能寺の変勃発時55歳である説が最も合理的と考えます。

当時出世を争っていた47歳の秀吉よりも8歳上です。

羽柴秀吉(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

そして、最長老ともいうべき柴田勝家は60歳でしたから、光秀は5歳若いです。

若いと言っても、当時の55歳は現代の感覚では65〜70歳ですから、大宿老です。

柴田勝家(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

重きをなしていた当時57歳の滝川一益に対しては、尊大な印象なある信長が結構気を遣っていたという説もあります。

絶対君主のように描かれる信長ですが実際には家臣団に対して、特に年長者に対しては相応に接していたのでしょう。

滝川一益(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

信長はじめとする四天王が相応の年齢となり、天下統一が目前となった時に起こった異常事態。

その「まさかの事態」が、本能寺の変だったのです。

本能寺の変 1(歴史道vol.13 朝日新聞出版)
目次
閉じる