明智光秀 6〜重くなる光秀の立場〜|戦国武将

前回は「明智光秀 5〜光秀の大いなる飛躍〜」の話でした。

211006明智光秀m
明智光秀(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

織田信長が足利義昭を追放して、「無政権状態」となった1573年。
足利幕府の権威が著しく落ちていたとは言え、前々将軍足利義輝にしても、
前将軍足利義昭にしても、合戦の調整に割って入るなど、
「将軍の権威」はある程度はあったのが事実です。

足利義昭02m
足利義昭(Wikipedia)

「落ちぶれていた」とは言え、政権があった方が「はるかに政情は安定化」します。
中心が何もない状況、というのは、非常に不安です。
後に、本能寺の変後に権力の頂点に上り詰めた際、征夷大将軍になることを望んだ羽柴秀吉。

211019羽柴秀吉02m
羽柴秀吉(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

足利義昭に「形式的に猶子にしてください」と協力を要請しましたが、
足利義昭はつっぱねます。
つまり、秀吉が力を持った1585年ごろ、つまり長篠の合戦の10年後ですら
「足利義昭には一定の権力があった」と考えられます。

1575年の織田家と諸大名の関係(歴史人2020年2月号 KKベストセラーズ)

信長に追放されたとは言え、足利義昭はまだ「前将軍」としての権威をある程度持っていた存在。
倒幕直後の京・山城は、かなり政情不安定だったのでしょう。

長篠の戦いには、織田家家臣を総司令官にするわけにはいかない信長。

211023織田信長02m
織田信長(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

「俺自身が行く必要がある!」と信長自身が出馬する必要がありました。
信長が不在となる京は、著しく不安定になります。
その京を安定化させ、西方に睨みを効かせる武将として、「誰が良いか?」と考える時、
光秀が有能であることに加え、「元足利義昭家臣」であることは大事でした。
さらに、足利義昭と疎遠な関係になったとは言え、与騎にいる細川(長岡)藤孝の存在も大きい。

細川藤孝ms
細川藤孝(Wikipedia)

つまり、「足利幕府をブチ倒した」からこそ、旧幕臣(光秀は足軽説あり)で
あった明智光秀と細川藤孝の立場が「急上昇した」とも言えます。
「俺のいない京を任せるのは、光秀しかいない」と考えた信長。

信長は光秀に白羽の矢を立て、光秀を後方に配置し、安心して出陣したのでしょう。
この1575年の時点で、光秀は柴田・佐久間・丹羽らよりも立場はだいぶ下でした。
しかし、柴田・佐久間・丹羽が京にいても、信長は「不安で仕方ない」状況だったのです。
日本の首都である京を任された光秀。
急速に立場は重くなり、実質は、かなりの地位と権限を任されていたと考えられます。

↓クリックして応援してください!↓
にほんブログ村 歴史ブログへ

目次
閉じる