滝川一益 10〜光る一益の瞳〜|戦国武将

前回は「滝川一益 9〜真田昌幸の離反〜」でした。

滝川一益(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

いやいや織田家に従属していた北条氏政。

北条氏政(Wikipedia)

信長のいない織田家など、怖くもないわ!

息巻く北条氏政は、50,000という大軍勢を動員して、滝川軍に襲い掛かります。

優れた武将がキラ星のごとくいた織田家・武田家、あるいは謙信ばかり目立つものの猛将が大勢いた上杉家と比較して地味な北条家。

北条早雲・氏綱・氏康までは名将といわれるものの、氏政もまた少し地味な扱い。

北条氏康(Wikipedia)

当主以外では、高い軍事的能力を有する武将としては、北条綱成など、非常に限られていたように描かれることが多い。

しかし、上杉謙信・武田信玄と長年戦い、関東を制覇していた北条家。

実は、多数の優れた武将がいました。

柴田勝家(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

柴田勝家や山県昌景のような華のある武将は少ないとしても、相応の軍事的能力・統率能力を持つ武将は、大勢いたのです。

山県昌景(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

その北条軍団総力を上げての戦いを迎えることになった、滝川一益。

上野周辺に強固な地盤を持ち、相応の軍事力と優れた頭脳を持つ真田昌幸がいました。

真田昌幸(Wikipedia)

真田をあてにしていたものの、真田はあっさり滝川一益を捨てます。

どう戦っても、滝川に勝ち目はない。

関東管領格となった滝川一益ですが、まだ入国してまもなく、寄騎は少ない状況。

風魔一族を抱え、諜報組織が強い北条家は、「真田が滝川に従わぬ方向」という情勢を掴みます。

そして、遂に念願の北関東奪取向け、北条氏政は滝川軍むけて、猛烈な勢いで進撃します。

久々に北関東を、
我が北条の手に!

一益には、上野周辺の小大名・国衆が全く支援してくれません。

事実上、自らのかつての領国の伊勢衆のみを率いて、滝川一益は北条家に挑みます。

一説には滝川軍18,000対北条家50,000とも言われ、平地の多い上野付近で、この兵力差は、如何ともし難い軍事力の差です。

神流川周辺(歴史群像シリーズ51 戦国合戦大全 下巻 学研)

しかも、上野は「かつては北条家の領国であった地域」です。

平坦な土地で、3倍の軍勢に対して敵国で戦う。

さらに、北条家には周辺の地理を熟知した将兵が大勢いたでしょう。

こうなっては、もうどうにもなりません。

謙信・信玄が、滝川一益と同様の立場であったら、どうしたか、とも思います。

絶体絶命の中、滝川一益は唇を噛みます。

これは、まずい。
非常にまずい状況だ。

歴戦の武将は、直感的に最悪の状況であることを把握します。

しかし、織田家において四天王とも言われた滝川一益。

ここで奮起して、瞳を光らせます。

我こそは、織田家、そして信長様を
長年支えた滝川一益だ!

北条ごときに舐められてたまるか!


一益は、北条軍を迎撃することを決断します。

負けるかもぬ。
しかし、ただでは負けぬぞ!

自らの人生の総決算を考え、滝川軍の総力を上げて迎撃体制を整える指示を出す一益でした。

目次
閉じる