真珠湾奇襲攻撃 36〜艦隊の再編成へ向かう米海軍〜|太平洋戦争

前回は「真珠湾奇襲攻撃 35〜主役は空母へ〜」でした。

キング司令官は続けます。
「我々は情報部と共に、OSS(CIAの前身)と共にYamamotoを研究してきました。
しかし、Yamamotoがここまで退去して攻め込んでくることを想定していませんでした。
最大で正規空母2〜4隻程度を投入して、攻撃してくると考えていたのです。」と。

Ernest_King01m
Ernest King司令官(新米国海軍作戦部長)(Wikipedia)

「そうか。」と唇を噛むハル国務長官。
想定を大きく越える米海軍の被害。

211203Hull-Cordellm
Cordell Hull米国務長官(Wikipedia)

ハル国務長官とキング司令官が協議する間にも、続々と被害の報告がされていました。

しかし、ルーズベルト大統領が強い決意を示す演説を米議会で行い、
米国民を鼓舞したのちは、日本への反撃に移らねばなりません。

211203Franklin_Roosebelt1944m

Franklin Roosebelt米大統領(Wikipedia)
「なんとか、日本に痛烈な反撃ができないか。」とハル長官。
「我海軍の大西洋の艦隊を一部太平洋に回して、日本に対抗するしかありません。
それでも反撃というよりも防衛するのがせいぜいです。
Nagumoはそれほど強力です。」とキング司令官。

二人がこうして協議している間に、キンメル米太平洋艦隊司令長官が負傷した連絡がありました。

Husband_Kimmel01m
Husban Kimmlel米太平洋艦隊司令長官(Wikipedia)

「くそ!ジャップの野郎どもめが!」と激怒するハル長官。
日本海軍が真珠湾を攻撃する可能性を事前に想定していながら、
キンメル司令長官に「あえて」伝えなかったことを少し悔やみます。
↓応援してください↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
目次
閉じる