本能寺の変 19〜信長の在京理由 1〜

前回は「本能寺の変 18〜備中へ出陣した光秀 4〜」でした。

織田信長と明智光秀(新歴史紀行)

本能寺の変の際に、「なぜ信長が京にいたのか?」は様々な説があります。

また、明智光秀が、謀反を決断した理由の一つに「信長の国替構想」があります。

近畿の所領を取り上げられ、
地方へ追いやられるのでは・・・

事実上、天下統一を目前としていた織田信長及び織田家。

1582年の織田家勢力図(別冊歴史人 「戦国武将の全国勢力変遷地図」KKベストセラーズ)

御館の乱の影響で、かつての強敵上杉氏は著しく弱体化しました。

上杉 景勝(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

北条家は従属しており、滝川一益の寄騎的存在です。

羽柴秀吉が中国地方へ攻め込み、毛利を圧迫し続けています。

羽柴 秀吉(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

中には、「征夷大将軍への就任を朝廷から持ちかけられた」なども説もあります。

あるいは、毛利を自分一人で叩き潰さず、信長に花を持たせようとした秀吉が、

毛利を倒すために、信長様、
ぜひ御出馬ください!

やはり、余が行かねばならぬか!

と信長に「出馬の依頼をし、信長が応えて備中へ向かった」説もあります。

このあたりは、のちに天下をとった秀吉が情報操作をしているため、真相は不明です。

当時、100万石あまりを有しており、3万人ほどの動員ができた毛利家。

吉川 元春(Wikipedia)

さらに当主・輝元が若く、頼りない存在。

しかし、毛利両川である吉川元春、小早川隆景はいずれも50前後。

元々の能力に加え、九州で立花道雪らと死闘を繰り広げた経験があり、脂の乗りきった頃です。

小早川 隆景(Wikipedia)

特に強気な吉川元春。

信長め!
来るなら来い!

と言っていたでしょう。

しかし、直前には同程度の版図を有していた武田家が、一気に滅ぼされました。

この時、すでに武田家をはるかに凌駕していた織田家。

慎重な信長は、正親町天皇を動かします。

正親町天皇(Wikipedia)

武田を朝敵に
指定してください。

よかろう!

武田 勝頼(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

我が武田が朝敵か・・・

明治維新の際には、徳川慶喜が朝敵に指定され、一気に戦意を無くしました。

第十六代将軍 徳川 慶喜(国立国会図書館)

私が朝敵?

もう終わりだ・・・

尊王の気持ちが非常に強い水戸出身の慶喜だからこそ、「戦意を大幅になくした」のでした。

勝頼の場合は「戦意を無くした」よりも、周囲の家臣の大規模な離反が痛恨の一撃でした。

上京していた信長は、

毛利を朝敵に
してやろう。

と考えていたかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次