本能寺の変 11〜光秀の立場 5〜

前回は「本能寺の変 10〜光秀の立場 4〜」でした。

織田信長と明智光秀(新歴史紀行)

軍事的能力も非常に高かった明智光秀を秀吉とともに組ませれば、毛利攻略は早めに進みそうです。

織田信長(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

猿とキンカン頭が組むか。

面白そうよの。

丹波は山が多いので、黒井城・八上城よりも亀山城のほうが出撃しやすい土地柄です。

それでも、やはり光秀を前線に行かせるよりも、京都周辺にいて欲しかったのでしょう。

丹波平定後の光秀直轄領(図説明智光秀 柴裕之編著 戎光祥出版)

光秀が信長から暴言を浴びせられた・殴られたなどの説は、羽柴秀吉あたりが作った嘘でしょう。

羽柴 秀吉(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

実際は、信長は光秀を最初から最後まで重用していて、大事にしていたのでしょう。

光秀 丹波攻略(歴史道vol.13 朝日新聞出版)

そして、信長の期待に大いに応え、懸命に働いた光秀でした。

明智光秀(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

私は、ただの石ころだった。

信長様のおかげで、大名となったのだ!

坂本城及び街を、丁寧に作り上げた建築的センスを持つ光秀は、亀山城及び街づくりでも本領発揮します。

亀山城は光秀の精魂尽くした「城と街が一体となった」雅な計画となっています。

亀山城のイメージ(歴史人2020年7月号 KKベストセラーズ)

信長も新たな安土城築城の際は、安土城と城下町の関係は非常に良く考えていました。

ワシの城は権威の象徴だけではない。

光秀の「山国の水城」というコンセプトは今見ても新鮮味があり、当時は大変斬新でした。

こういう秀吉や勝家にはない、光秀ならではのセンスを信長は愛していたのでしょう。

目次
閉じる