滝川一益 1〜卓抜した調略と軍事能力〜|戦国武将

前回は「明智光秀 3〜鉄砲軍団織田家における光秀の軍事的役割〜」の話でした。

滝川一益(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

今回は滝川一益です。

長篠の合戦の際、織田家の鉄砲隊の指揮官として、滝川一益・佐々成政等触れました。

特に、織田四天王の一人として名高い滝川一益。

高名な織田四天王ですが、僕は中学生の頃、羽柴秀吉・明智光秀・柴田勝家・滝川一益の四人だと思っていました。

織田四天王

しかし、実際は違うようで、柴田・滝川・丹羽・明智の4名を指すことが多いようです。

あるいは「木綿藤吉、米五郎左(丹羽)、かかれ柴田、のき佐久間(信盛)」と言われた、羽柴・丹羽・柴田・佐久間の4名を指すこともあるようです。

佐久間信盛(Wikipedia)

後に天下を取る秀吉は「別格」かもしれませんが織田四天王ならば、やはり秀吉は入って欲しい。

あるいは、羽柴・柴田・滝川・丹羽・明智で「織田五人衆」が相応しいかもしれません。

「四天王」の方が、秀吉達を表現するにはふさわしいと思います。

丹羽長秀は、信長の信頼が極めて厚かった人物。

のちに、織田家が興隆した頃、信長が朝廷に申請して、家臣に官位を受領します。

秀吉=筑前守、明智=惟任日向守、柴田=修理亮、滝川=左近将監等の官位です。

光秀と丹羽長秀だけは、例外的に九州の名族である惟任、惟住の性を与えられます。

丹羽長秀(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

しかし、長秀だけは「私は五郎左で結構です。」と信長に反論して、官位は受領しなかったようです。

信長に対してこんな反抗的な態度をしても、信長に「仕方ないか。」と思わせた長秀。

それだけ丹羽長秀に対する、信長の信頼と実績が抜群だったのでしょう。

丹羽長秀(Wikipedia)

羽柴・明智同様に出自は謎が多い、滝川一益。

甲賀出身とされますがよく分かりません。

調略と軍事的能力は抜群だったようで「進むも退くも滝川」と言われました。

1567年の織田家勢力図(別冊歴史人 「戦国武将の全国勢力変遷地図」KKベストセラーズ)

滝川一益は、織田家の勃興期に伊勢を任されます。

そして、調略を主とする軍事活動によって、徐々に伊勢を織田家の支配下に納めてゆきます。

1568年の織田家勢力図(別冊歴史人 「戦国武将の全国勢力変遷地図」KKベストセラーズ)
目次
閉じる