高杉晋作の生麦事件への視線〜「攘夷といえば長州」のプライド・怒り心頭の大英帝国オールコック公使・幕末維新へと世を展開させた大きな原動力〜|高杉晋作3・能力・人物像

前回は「高杉晋作 2〜「過激派養成所」松下村塾・高杉晋作と久坂玄瑞・生麦事件・大名行列の「しきたり」・唖然とする英国・アジアに対する列強の視線〜」の話でした。

高杉 晋作(国立国会図書館)
目次

生麦事件への高杉の視線:「攘夷といえば長州」のプライド

生麦事件(Wikipedia)

高杉が上海で衝撃を受けた、1862年に薩摩藩が引き起こした、かの生麦事件。

薩摩藩士が、全くの民間人である英国人たちに日本刀で襲いかかった事件でした。

薩摩国父(藩主の父)島津久光(Wikipedia)

はっは〜!

我が島津家・薩摩藩の武威を、
天下に知らしめたぞ!

得意になる島津久光。

上海で、衝撃的な光景を見た高杉。

中国人が、
欧米人に奴隷のごとく扱われている・・・・・

上海は、
まるで欧米列強の植民地だ・・・

このままでは、
我が日本も同じになる・・・

当時の欧米列強にとって、

アジア人など、
我らと同じ人間ではないわ!

アジア人は「その程度の存在」でしかなく、アジア人に対して「上から目線」であった欧州の方々。

薩摩、
いいぞ!

「攘夷せねば!」と考えていた高杉は、薩摩藩に拍手喝采を送ります。

我が長州が「攘夷」の
第一人者だ!

その地位を
薩摩に取られるな!

「攘夷といえば長州」のプライドが、高杉を大いに鼓舞します。

怒り心頭の大英帝国オールコック公使

英国公使 Sir Rutherford Alcock(Wikipedia)

欧米社会においては、これだけでも十分「異常な連中」となります。

さらに英国の怒りを頂点に達しめたのは、英国人の中に婦人がいたことでしょう。

当時、女性の立場が弱かった日本と違い、”Lady First”の本家本元の大英帝国。

「乗馬して散歩している英国人女性に、
刀で斬りかかった」だと?

・・・・・

彼らにとっては、「異常行為」を通り越して、「理解不能な野蛮極まりない連中」に写ったことでしょう。

Japaneseは
人殺し民族なのか?

Samuraiとは
単なる「人斬り集団」なのか?

女性は軽傷で済みましたが、男性(リチャードソン)一人死亡、二人は重傷を負いました。

激怒した英国は賠償金を要求します。

幕府は

大英帝国を
怒らせてはまずい・・・

と大人しく支払います。

幕末維新へと世を展開させた大きな原動力

薩摩藩出身の幕末〜明治の将星: 左上から時計回りに、西郷隆盛、大久保利通、大山巌、東郷平八郎(Wikipedia)

そして、戦国時代の精神を凍結保存したかのような薩摩藩。

幕末から明治にかけて、大勢の将星:軍人と政治家を輩出しました。

大英帝国の薩摩に対する「賠償金支払い・犯人逮捕」の要求に対して、国父・島津久光は、

賠償金?

・・・・・

意味が
分からんが・・・

エゲレス(大英帝国)の言い分では、
「散歩している人間に斬りかかるとは何事!」と・・・

何を
言っているんだ!

これは
日本の作法である!

従わなかった、
奴ら(英国人)が悪い!

犯人の引き渡し・賠償金を拒絶した薩摩藩。

我がGreat Britain(大英帝国)が
激怒すれば、一発よ。

Asiaの連中など、
ビビって平伏してくるに違いない・・・

そう考えていた、大英帝国のオールコック駐日総領事。

中国での駐在経験が長いオールコック駐日総領事は、アヘン戦争のことも全て知り尽くしていました。

ところが、世界最強の大英帝国の要求を「突っぱねてきた」薩摩に対して、

我らの要求をSatsumaの
Shimazuが突っぱねた、だと・・・

Satsuma,Shimazuの気持ちは、
よく分かった・・・

ならば、我が大英帝国の力を
思い知れ!

大英帝国は、東洋艦隊を薩摩へ向けます。

薩摩は
大丈夫か?

我が長州も、夷狄との戦争に
備えるのだ!

幕末の事件の一つであった生麦事件。

この生麦事件こそが、「大事件」にとどまらず幕末維新へと世を展開させた大きな原動力でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次