武田信玄の悲願をかけた戦い〜凋落した今川家と武田家の大内紛・晴信と義信の対立・武田家の致命傷・義信の死と後継の不在・川中島の戦いと典厩信繁の戦死〜|武田信玄5・人物像・軍事能力

前回は「海を目標に南下を決断した武田信玄〜凋落した今川家への姿勢・激怒した北条氏康・甲相駿三国同盟崩壊・上杉と北条の越相同盟・敵の敵は味方〜」の話でした。

武田晴信(信玄)(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)
目次

凋落した今川家と武田家の大内紛:晴信と義信の対立

桶狭間の戦い(Wikipedia 歌川豊宣画)

桶狭間の戦いで凋落した超名門・今川家。

武田家は甲斐守護ですが、今川家は「格が違う」存在です。

場合によっては、足利将軍に代わって「将軍になりうる」存在であった今川家。

その当主であり、相応の能力を有していた今川義元が、あっけなく織田信長に大敗北しました。

「大敗北」のみならず、「当主・義元が討ち取られる」という戦国有数の「時代を変える合戦」となったのでした。

戦国大名 徳川家康(松平元康)(Wikipedia)

弱体化した今川の弱みにつけ込んだ松平元康は、

今川の呪縛から逃れ、
独立だ!

名前を「義」からもらった「康」から家康に変更して独立しました。

さらに、名前を先祖代々の松平から徳川へ変えた家康。

徳川家康となって、
俺も戦国の世に打って出るぞ!

猛烈な勢いで若き家康が乗り込んできました。

もはや今川家は
持たぬな・・・

ならば、我が武田が
今川の領土を頂こう!

老獪な晴信がこう考えたのは、ある意味では自然な流れでした。

ところが、義元の娘を妻にしていた長男・義信は、

なぜ、
そんな非道を考えるのですか?

ならば・・・
叛逆して父を葬るまで!

宿老の飯富虎昌と組んで、父・晴信を追い落とすことを目論みます。

武田家の致命傷:義信の死と後継の不在

さらに義信の気持ちは膨らみます。

だいたい、父だって祖父・信虎を
追い出したではないか!

ならば、今度は俺が父・晴信を追い出して、
俺が武田の当主に!

晴信の時は、「宿老たちが全員同意の上」であった「父(当時)・信虎の追い出し」でありました。

ところが、義信の「父・晴信の追い出し」には、飯富虎昌の他には有力家臣が同意しません。

そもそも、有力家臣では「飯富虎昌しか相談できなかった」義信。

これでは、家臣団の力のバランスを考えても「父・晴信の追い出し」が成功するはずがありませんでした。

そうか・・・
そう考えるなら、やむ得んな・・・

晴信は義信を幽閉せざるを得ません。

叛逆を試みた人物は、息子・血縁であっても「消さなければならない存在」だからです。

そして、義信を切腹に追い込んだ晴信。

・・・・・

病死説もありますが、ここでは「切腹説」を採用します。

その後の武田家の流れを考える時、義信を切腹に追い込んだのは、武田家にとって致命傷となりました。

義信を自刃に追い込まずに、武田晴信(信玄)の後を長男である義信が継いだならば。

その時、武田家の最後は、あのような凋落にはならなかったでしょう。

信玄の悲願をかけた戦い:川中島の戦いと典厩信繁の戦死

武田晴信弟:武田信繁(Wikipedia)

そして、第四次川中島の戦いで戦死した典厩信繁が「義信事件」のこの時存命だったら。

典厩信繁は、命を張ってでも義信を守ったでしょう。

義信、
死ね!

兄者、義信がいなくなったら、
誰が武田を継ぐのです?

兄者の次男、三男は残念ながら
戦国の家を継げる状況にありません!

四郎勝頼が
おるではないか!

四郎は諏訪家に
行った身!

義信をなくしては、
武田は亡国の道ですぞ!

義信に死を言い渡すなら、
私も共に死にます!

・・・・・

信繁と義信二人がタッグを組んだら、家中統制上、流石の晴信も手の出しようがなかったでしょう。

ところが、この肝心の典厩信繁は、第四次川中島の戦いで戦死してしまいました。

そもそも、出陣して相手と総力戦を行う以上、晴信とて命の保証はなかったはずです。

戦の際に本陣が安全であっても暗殺の危険もあります。

その危険な地に、無二の腹心である弟の信繁まで出陣させたのは、晴信の大失敗でした。

武田家家臣:山本勘助(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

第四次川中島では、山本勘助・諸角豊後守など多くの有力武将が戦死しています。

武田家にとって「致命傷」となる事態を招く可能性があった「川中島の戦い」。

なぜ、晴信は大きな犠牲を払う可能性があったのに、何度も川中島に侵攻したのでしょうか。

関東・甲信勢力図 1555年頃(歴史人 2020年11月号掲載図から一部抜粋)

甲斐国内で武田家内の紛争が続き、晴信の父信虎の代に、ようやく晴信の属する武田家で固めた甲斐。

そして、晴信は他国侵攻を目論みます。

「東に北条・南に今川」という状況の中、諸勢力乱立の信濃。

そして、領土が広いこともあり、石高20万石程度の甲斐に比べて倍の40万石をもつ信濃。

信濃奪取こそ、
武田家の生きる道!

隣国信濃に、晴信は目をつけます。

晴信にとって、最初に他国へ侵攻した侵攻先だった信濃。

諸説ありますが、

とにかく信濃を固め、
武田家、そして私の武威を示したい!

と考えた晴信。

「信濃の全土制圧」は晴信の悲願だったのです。

新歴史紀行

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次