武田信玄 4〜海を目標に南下を決断する信玄〜|戦国武将

前回は「武田信玄 3〜越後の龍との死闘〜」の話でした。

武田 晴信(信玄)(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

1560年の桶狭間の戦い後、凋落した今川家。

兼ねてから評判が、非常に悪かった今川義元の後継の今川氏真は、弔い合戦すらしようとしません。

今川に「従属」というよりも「臣従していた」に近い状況であった松平元康が反旗を翻して独立大名となります。

そして、義元の元を捨て、徳川家康と名乗ります。

徳川 家康(Wikipedia)

もはや今川家は持たない。

ならば、我が武田が今川の領土を頂こう!

そして、念願の海を手に入れよう。

今川家との断交を考える晴信。

それに対して、反対したのは長男の武田義信。

三国同盟の際に、今川義元の娘を正室に迎えている義信からすれば、断交に反対するのは当然のことでした。

義信には、父信玄の発想は理解できません。

なぜ、そんな非道を考えるのですか?

戦国の世は、弱肉強食なのだ!

わきまえよ!

嫌です!断固反対です!

ならば・・・・・
仕方ない・・・・・

信玄は断固反対する義信を、切腹に追い込んで、今川と断交します。

甲相駿三国同盟(歴史人 別冊「戦国武将の全国勢力変遷地図」)

信玄は武田・北条・今川の三国同盟を破棄・今川家と断交し、南下して「念願の海」を手に入れようと企みます。

桶狭間の合戦後の武田・今川・北条三国同盟(別冊歴史人 戦国武将の全国勢力変遷地図 KKベストセラーズ)

これに怒り心頭だったのが、三国同盟の一角だった北条氏康。

北条 氏康(Wikipedia)

信玄め!血迷ったか!

北条家は、公然と武田家と敵対します。

北条家は今川家との同盟を維持し、新たな対策を考える氏康。

武田をブチのめすためには・・・

憎いやつだが、アイツしかいない・・・


関東管領を継いだ長尾景虎改め、上杉政虎に白羽の矢を立てます。

新たに武田家と敵対関係にある上杉家と同盟を結び、信玄と対抗しようと考えます。

桶狭間の合戦後の上杉・今川・北条三国同盟(別冊歴史人 戦国武将の全国勢力変遷地図 KKベストセラーズ)

この少し前には、上杉政虎に小田原まで攻め込まれて、北条家は一時は滅亡寸前まで追い込まれました。

上杉政虎に対しては憤懣やるせない氏康。

上杉政虎と結ぶとは・・・

北条のプライドが許さんが・・・

それよりも、晴信が許せん!!

しかし、そんなことは言っていられません。

政虎に侵食された関東は、政虎が越後に帰ると「鬼のいぬ間に」と北条は再び関東の勢力圏を大きく取り戻しました。

「敵の敵は味方」と言わんばかりに、信玄と鋭く敵対する政虎との同盟交渉を進めます。

そして、因縁の政虎と結んだ氏康。

信玄が選んだ「今川との断交」、絶対に許し難い!

今川領を切り取れ!

駿河を手に入れた信玄は、得意の絶頂だったでしょう。

徳川家と領土を折半するのだ!

長尾(上杉)と戦うために、「後背を固める」意図で成立した三国同盟。

晴信は、この同盟を自ら潰し、武田家は北条・今川・上杉に包囲された形になります。

念願の海と海運が我が手に!

勇躍した晴信は、織田・徳川と結んで、今川領に侵入します。

織田 信長(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

しかし、その後の武田家の運命を考える時、長男義信を切腹に追い込んだのは、武田家にとって致命傷となりました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次