柴田勝家 3〜卓抜した戦闘力と統率力・北陸方面軍司令長官・北陸侵攻戦・武の帝王・佐々成政・佐久間盛政〜|人物像・軍事能力

前回は「柴田勝家 2〜武闘派の帝王・卓抜した軍事力・本多忠勝・吉川元春・山県昌景・島津義弘〜」の話でした。

柴田勝家(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)
目次

柴田勝家の戦闘能力・軍事力・統率力

今回は、柴田勝家の卓抜した戦闘能力・統率力の話です。

長らく織田家の軍事の中心として、元亀・天正を「戦い抜いた」柴田勝家。

織田四天王:左上から時計回りに柴田勝家、明智光秀、羽柴秀吉、滝川一益(Wikipedia)

「敵を倒す」には、合戦ばかりではなく、調略で武将・部将を寝返らせ「敵を弱体化させる」ことが重要です。

相手の国の武将を城・軍隊ごと寝返らせることが、最上の策でした。

自国の軍勢を失わずに「新たな軍事力が増強される」ならば、

多少、金銭が掛かっても、
調略で寝返らせるのが大事だ!

であり、その「寝返りの原資」である金銭が最も豊富にあった織田家。

調略なら、
任せてくれ!

調略が超得意な羽柴秀吉は、戦国時代に得意な存在でした。

武田家・上杉家・北条家などと比較して、調略による領土奪取・拡張が目立った織田家。

一方で、「調略」が効果を上げるには、多額の現金と共に「織田の軍事力」が大事です。

さあさあ、これだけ差し上げるので、
我が織田家へ、どうぞ!

確かに、
魅力的な提案だ・・・

しかし、元の大名からは睨まれるのは当然で、
攻め込まれるかもしれん・・・

攻められた時、織田家は
我らを守ってくれるのだろうか・・・

大丈夫です!
我が織田家は最強軍団です!

そこで、軍事力の担保する最も大きな力となったのが、

おうよ!
俺がいれば、敵を粉砕してくれる!

確かに、柴田勝家などが
援軍に来てくれれば、大丈夫そうだ・・・

織田家が得意として調略・外交。

その調略の力の源は「他人の心を掴む」秀吉と「最強の軍事力を持つ」勝家の二人三脚だったかもしれません。

織田家「北陸方面軍」司令長官

権六(勝家)よ!
北陸軍の統括を任せる!

ははっ!
お任せを!

のちに多数の方面軍司令長官が誕生した織田家。

最初に司令長官となったのは、柴田勝家でした。

名前生年(一部諸説あり)
織田信長1534年
柴田勝家1522年
丹羽長秀1535年
羽柴秀吉1537年
明智光秀1528年
滝川一益1525年
織田信長と織田家方面司令官の生年

それは、能力・経験・年齢を考慮する時、至極当然でした。

織田家の宿老たちの中で、最高齢の勝家。

織田信長より12年も歳上であり、軍事能力に磨きをかけ続けてきました。

織田家「北陸方面軍」の司令長官に任命された柴田勝家。

柴田に準ずる武闘派である佐々成政・佐久間盛政・前田利家らが寄騎としてつけられます。

そして、「織田家最強・最凶軍団」が誕生しました。

佐々成政(歴史人2016年12月号 KKベストセラーズ)

佐々成政・前田利家・金森長近らの寄騎武将は、信長からは「柴田勝家の目付役」としての役割を指示されていました。

織田信長(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

いわば「監視役」です。

本能寺の変当時は、各方面に形成されていた方面軍。

勝家が司令長官の北陸方面軍は、「最初の方面軍」とも言えます。

かなりの軍勢と強権を与えられた勝家。

信長が警戒して、見張り役をつけるのは当然でした。

権六(柴田勝家)を
しっかりと見張れ!

ははっ!

北陸方面軍を構成する武将たち

佐々成政と柴田は、もともと仲良しでした。

佐々・佐久間・前田のような荒武者を統御することは、他の司令官では無理でしょう。

羽柴秀吉(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

特に佐々・佐久間と羽柴秀吉は、折り合いが最悪に近い関係です。

また、佐々・佐久間らが、新参者で知性派の明智光秀と親和性があるとは、到底思えません。

年長者で兼ねてから織田家の宿老である滝川一益ならば、

滝川殿か・・・
あまり接点はないが・・・

勝家殿との仲も良好だし、
まあ従っても良い・・・

くらいでしょう。

佐久間盛政(歴史人2016年12月号 KKベストセラーズ)

俺たちが従うのは、信長様以外には、
柴田のオヤジだけだ。

猿(秀吉)なんかに
従えるかよ!

この顔ぶれを見ただけでも信長が、この北陸方面軍に「何を期待したのか」が一目瞭然でした。

まさに織田家の猛将ならぬ「猛獣軍団」とも言えます。

家柄も良く、織田家譜代の、
この佐々成政の武力を見よ!

柴田軍と北陸侵攻戦

柴田勝家の北陸侵攻(歴史群像シリーズ51 戦国合戦大全下巻)

柴田勝家率いる北陸方面軍が越前から北陸を侵攻戦では、この軍団がズババッと突き進んでいる様子が分かります。

彼らによって形成された「北陸方面軍」は猛烈な突破力で、顕如率いる一向一揆を次々と撃破します。

そして、北陸を突き進んで行ったのでした。

ところが、手取川の戦いで上杉謙信に対して惨敗します。

いくら相手が謙信といっても、勝家らの能力と経験を考えると不自然なくらいです。

上杉謙信率いる上杉軍団が「強すぎた」とも言えるでしょう。

上杉謙信(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

この時は、秀吉と勝家が喧嘩して、秀吉が軍隊を独断で勝手に引き上げます。

猿めが、私の命令に反して、勝手に軍を
引き上げただと!

ははー!
信長様、お許しを!

しばらく
謹慎しておれ!

信長様は、
私を必要としているはず!

信長から怒りを買ったものの、格別なお咎めを受けていません。

突破力で突進を続け、上杉謙信亡き後、大きく弱体化した上杉家も追い詰めていった柴田勝家。

数々の猛将を率いた人物としては、上杉謙信・島津義弘らが挙げられますが、彼らは大名格です。

島津義弘(図説・戦国武将118 学研)

方面軍軍団長とは言え、織田家の一家臣の立場で佐々・前田・佐久間ほどの猛者たちを部下としてきちんと統率します。

それが出来たのは、勝家の極めて高い力量・軍事能力を示します。

私こそが、
織田家筆頭なのだ!

猿だの、光秀だのは、
私の下なのだ!

後に秀吉に、打倒される柴田勝家。

これだけの武将を従え、自らの地盤とは全く関係のない国で、顕如率いる一向宗門徒相手に強力に勝ち進みます。

本願寺顕如(Wikipedia)

そして、大きな領土を支配した柴田勝家。

勝家は、卓抜した武力と統率力を併せ持つ「戦国・武の帝王」と呼べるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次