薩摩の海から 2|戦国・幕末

前回は「薩摩の海から 1」の話でした。

鹿児島・桜島(新歴史紀行)

広い外洋へと続く、鹿児島の海。

西郷隆盛も大久保利通も、この海を見て、遠い異国を感じたのでしょう。

西郷 隆盛(国立国会図書館)

交通が発達した20世紀に入ると、海外は全然遠い世界ではなくなりました。

さらにインターネットが発達して「当たり前のツール」となった今、海外は間近に感じられます。

しかし、ネットなどで「写真や情報に触れるだけ」と、「現地に行ってみる」ことは全く違います。

現地に行けば、そこに住む人々の風土や食事などの習慣、あるいは匂いなど、実に様々なことに触れられます。

それは、とても貴重な体験です。

大久保 利通(国立国会図書館)

外国等、現地に行ければ最も良いのですが、そうできなければ、色々な情報に触れるのも楽しい。

「向こうはどんな雰囲気だろう?」と思いを馳せてみるのもまた、楽しいですし、いい経験になります。

戦国期には、現在の大阪である堺が南蛮、ヨーロッパとの交流の拠点・窓口となっていました。

そこでは、まさに様々な舶来品がやってきて、莫大な富をもたらしていました。

様々な物品が堺に運ばれてきましたが、やはり南蛮・中国から見て、「近い港」にものが集まります。

向こうから見て「近い」のは、なんと言っても九州。

九州のさまざまな港では、古来から中国とさまざまな交易をしてきました。

織田 信長(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

太平洋側に面していた先進的な尾張や伊勢などでは、戦国期から「海の向こうに南蛮がある」と考えていたかもしれません。

あまりそういう痕跡はなく、やはり国内側の美濃や近江との関係が多かったと考えられます。

鹿児島湾(新歴史紀行)
目次
閉じる