真珠湾奇襲攻撃 70〜万全の体制とる米国〜|太平洋戦争

前回は「真珠湾奇襲攻撃 69〜南雲・草鹿の思い〜」の話でした。

Ernest King司令官(Wikipedia)

日本海軍が、真珠湾奇襲攻撃を完了後、日本への帰投する途中に揉めている中。

考え続け、指令を次々に出すキング司令官。

Yamamotoは、このまま
あの大部隊を日本に帰らせないだろう。

あのYamamotoが・・・

日本が大嫌いなキング司令官。

それは、彼の個人的な経験が理由でした。

かつて、海軍士官として日本へ来訪したキング。

米国とは全く異なる「日本の風景」を楽しんで、鎌倉を訪れました。

その際に、スリにあってしまい財布を無くします。

財布がない・・・

仕方ないので、駅員にお金を借りようと話しかけます。

私は米国の海軍士官だ。

残念ながら、スリにあってしまい、
一文なしだ。

後で必ず返すから、
お金を貸して欲しい。

しかし、駅員は非常に怪訝な感じで、ぶっきらぼうな対応です。

米海軍軍人に対して、
なんという態度だ!

仕方なく、着ていた「上着を担保に」して、なんとかお願いします。

そして、やっとお金を借りたキング司令官。

軍人に対して、
こんな屈辱的な対応をするとは!

Japanは、大嫌いだ!

これで、「日本大嫌い」になってしまったキング司令官。

日本にとって、非常に不幸なことでした。

William Halsey第二空母戦隊司令官(Wikipedia)

そしてもう一人「日本大嫌い」なハルゼー司令官。

Japanも、
Japaneseも大嫌いだ!

Japanは、俺がぶちのめす!

いわば「日本大嫌い」コンビが最前線で、日本海軍と対峙していたのでした。

山本五十六 連合艦隊司令長官(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

対する山本長官は親米派であり、どちらかというと「米国好き」です。

南雲長官・草鹿参謀長は、米国に対して「好き・嫌い」の感情があまりありません。

南雲忠一 第一航空艦隊司令長官(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

南雲長官も草鹿参謀長も、米国をあまり知らなかったのです。

空母Enterprise(Wikipedia)

Japanは、
俺が叩いてみせるが・・・

Nagumoと正面切って戦うのは
危険だ。

とにかく、日本の動きに対して、
万全の体制だ!

南雲機動部隊の動きに合わせ、万全の体制をとり続ける米海軍でした。

目次
閉じる