真珠湾奇襲攻撃 42〜さらに天敵登場〜|太平洋戦争

前回は「真珠湾奇襲攻撃 41〜焦る山口司令官〜」でした。

「ニミッツに任せるしかない。」と考えるハル長官とキング司令官。

Chester_Nimitz01m02
Chester NImitz新米太平艦隊司令長官(Wikipedia)

「それで、大西洋から太平洋へ我が艦隊を回して、英国は大丈夫だろうか。
チャーチルは保つか?」とキング部長に問いかけるハル長官。

211203Hull-Cordellm
Cordell Hull米国務長官(Wikipedia)

「我が合衆国が参戦する以上、英国は大丈夫でしょう。
英国はドイツ空軍に猛烈な空襲を浴びていますが、ドイツ海軍は大したことはありません。
Uボートがうるさいですが、それを黙らせれば良いです。
Uボートは対艦攻撃はできますが、基地攻撃はできません。
その意味では、NagumoのTask Force=機動部隊の方がはるかに強力です。」と答えるキング司令官。
Uボートと熾烈な戦いを続けている、キング本人の言葉は重大です。

Ernest_King01m
Ernest King司令官(新米国海軍作戦部長)(Wikipedia)
キング司令官は続けます。
「日本海軍は、もはや我が合衆国海軍に匹敵する力を持っています。もはや英海軍を超えた存在です。
我らも総力を上げなければ。」と。
「そうか。日本海軍は英海軍より上か。チャーチルは悔しいだろうな。」と答えるハル長官。
211228Winston_Churchill

Winston Churchill英首相(Wikipedia)

チャーチル英首相は海軍出身だけに、英海軍には
格別な誇りとプライドを持っています。
「まあ、仕方ないな。チャーチルには出来るだけの支援をして、
もう少し踏ん張ってヒトラーの攻撃に耐えてもらおう。」とハル長官。
211228Hitler01m

Adolf Hitler独総統(Wikipedia)

そしてハル長官は続けて「それはそうと、反撃するにあたって、
太平洋の我が合衆国の空母は大丈夫なのか?」と。
太平洋で米空母二隻を率いているのは、
こちらもまた日本海軍の強力な天敵となる男でした。

William_Halsey01m
William Halsey第二空母戦隊司令官
↓クリックして応援してください!↓
にほんブログ村 歴史ブログへ
目次
閉じる