真珠湾奇襲攻撃 40〜ニミッツという男〜|太平洋戦争

前回は「真珠湾奇襲攻撃 39〜奇襲攻撃の中心となる海兵40期〜」でした。

翌1942年に米海軍作戦部長(総長)と合衆国艦隊司令長官を兼務する
「海軍最高のポスト」に就任するキング司令官。
そして、キングをして「彼しかいない」と言わせる、ニミッツ新米太平艦隊司令長官。

Chester_Nimitz01m02
Chester Nimitz新米太平艦隊司令長官(Wikipedia)

「そうか。ニミッツがいたな。」と答えるハル長官。
非常に優秀で、経験豊富なニミッツ。
実は、キンメル長官が任命される前に、内々に米太平艦隊司長官就任を打診されていました。
遠慮したニミッツは、「まだ若輩者ゆえ」と辞退していたのでした。
211203Hull-Cordellm

Cordell Hull米国務長官(Wikipedia)

「もちろん、長官人事は人事権をもつノックス海軍長官の指名によりますが。」というキング司令官。
Ernest_King01m
Ernest King司令官(新米国海軍作戦部長)(Wikipedia)

米陸軍は、スチムソン陸軍長官が強権を握っていました。
後に、米国海軍作戦部長と合衆国艦隊司令長官を兼務するキング司令官。
事実上、米海軍全般に関する権限を握り、ノックス海軍長官は辞任することになります。

Frank_Knox01m
Frank Knox海軍長官(Wikipedia)
さらにニミッツは優秀で統率能力が高い上に、ルーズベルト大統領とも折り合いが非常に良い関係。
ルーズベルト大統領と最悪の関係にある、マッカーサー司令官とは大違いです。

211203Franklin_Roosebelt1944m

Franklin Roosebelt米大統領(Wikipedia)
「ニミッツに長官になってもらって、日本海軍をぶちのめしてもらうしかないな。」と
意見の一致を見るハル長官とキング司令官でした。
↓クリックして応援してください!↓
にほんブログ村 歴史ブログへ
目次
閉じる