真珠湾奇襲攻撃 38〜天敵登場〜|太平洋戦争

前回は「真珠湾奇襲攻撃 37〜戦艦と空母と海兵40期〜」でした。

Cordell Hull米国務長官(Wikipedia)

キンメルの奴め、死なねば良いが・・・・・

つぶやくハル国務長官。

Ernest King司令官(Wikipedia)

現状では、致命傷には、なってはいないという報告受けています。

キンメル司令長官の生命に、
別状はないでしょう。

そうか・・・

安心するハル長官。

しかし、これだけの大損害を受けているのだ、

キンメルには責任とってもらわねばならぬな。

ハル長官は、負傷しているキンメル長官に同情しながらも、そう言います。

事前に「日本軍の攻撃の可能性」を知らせていれば、キンメル長官が対策とったであろうことを考えると、胸が痛いです。

キンメルには悪いことしたか・・・

それは、もちろんそうです。

後任は誰が適任だろうか。

それはニミッツしかいません。

Chester Nimitz米太平洋艦隊司令長官

翌年1942年、米国海軍作戦部長兼米国艦隊司令長官に就任するキング。

「米海軍のトップ」として、米海軍全体を指揮することになります

そして、トップ就任間近のキング司令官が「ニミッツしかいない」とまで言うほどの男。

山本五十六 連合艦隊司令長官(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

日本海軍・山本長官にとって天敵となる男が登場しました。

目次
閉じる