真珠湾奇襲攻撃 33〜戦艦から空母へ〜|太平洋戦争

前回は「真珠湾奇襲攻撃 32〜リメンバー・パールハーバー〜」でした。

真珠湾を攻撃する日本軍(歴史街道2021年12月号 PHP研究所)

後の世には「この頃(真珠湾奇襲攻撃)に、海軍が戦艦主体から空母主体へ移行した」と言われます。

しかし、それは後世から見た視点であって、当時を生きている人々からすると、そう簡単に「発想の転換」はできません。

山本五十六 連合艦隊司令長官(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

かつて航空本部長の立場にあって、「空母・航空機主体」を推進し続けた山本五十六司令長官。

山本司令長官と言えども、海軍に入った頃は、当然ながら「戦艦主体」であったのです。

そして、日露戦争の日本海海戦において、東郷平八郎司令長官(当時)のもとで、若手の少尉として参戦しました。

東郷平八郎 連合艦隊司令長官(日露戦争)(Wikipedia)

まだ山本姓となる前の、実家高野姓を名乗っていた、若き山本(高野)少尉。

そして、山本少尉は戦場で重傷を負い、左手の指を二本失いました。

戦艦三笠に座乗する東郷平八郎連合艦隊司令長官(Wikipedia)

その後、米国留学を経て、「航空機に未来を見た」山本長官の若き日々でした。

航空機に戦艦や巡洋艦を沈没させることができるのか?

という疑念が、まだまだ多い中、山本五十六は一歩も二歩も先を見ていたのです。

この意味において、前例・先例ばかり気にする及川元海相は、山本五十六長官の比較の対象にすらなりません。

及川古志郎 海軍大臣(Wikipedia)

海軍の三顕職である海軍大臣・軍令部総長・連合艦隊司令長官を全て務めた唯一人である永野軍令部総長。

永野修身 軍令部総長(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

永野軍令部総長といえども「海軍の未来」を見通す力においては、山本五十六長官より「遥かに劣る」状況だったのです。

「航空」に海軍の未来を見て、人生を賭けてきた山本長官だったのでした。

そして、真珠湾に、「航空主体の機動部隊」で、はるばる奇襲攻撃を敢行した山本司令長官。

山本五十六 連合艦隊司令長官(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

自身も経験した日本海海戦以来の、日本海軍の伝統である「迎撃ポリシー」が根強かった海軍。

その海軍伝統の戦略を叩き潰してまで、敢行した山本司令長官でした。

目次
閉じる