真珠湾奇襲攻撃 26〜米空母の停泊するタイミング〜|太平洋戦争

前回は「真珠湾奇襲攻撃 25〜見当たらぬ米空母〜」でした。

山本五十六 連合艦隊司令長官(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

なぜ、敵空母は真珠湾にいないのだ?

静かに、宇垣参謀長に尋ねる山本長官。

宇垣纏 連合艦隊参謀長(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

米国に暗号が全て傍受・解読されていた日本。

しかし、日本も負けじと真珠湾にスパイを配置して、事前に真珠湾の状況を報告させていました。

真珠湾のスパイは複数いましたが、有名なのは吉川猛夫です。

吉川猛夫(ドキュメント真珠湾攻撃 古田和輝著 ダイアプレス)

「森村正」という偽名でハワイに滞在して、真珠湾の基地の情報をつかむよう奔走していました。

ほぼ毎日、真珠湾の見える店に通って、米海軍の戦艦・空母の在泊を確認していました。

米海軍の停泊している艦船にもある一定の規則があり、週末に停泊することが多かったのです。

そして「空母が在泊する可能性の高い日」を選んで攻撃しました。

空母Enterprise(Eikipedia)

唇を噛み締めながら宇垣参謀長は、山本長官に応えます。

数日前までは、諜報員の無電により・・・

空母エンタープライズとレキシントンが、
真珠湾在泊しているのを確認しているのですが・・・

それは、吉川らが報告したことです。

そして、事実だったのです。

空母Lexington(Eikipedia)

確かについ先日まで真珠湾にいた、米空母。

そして、それまでの米海軍の活動傾向から、奇襲攻撃の日に「いるはず」の米空母レキシントン・エンタープライズ。

しかし、二隻とも、攻撃当日に真珠湾に見当たらなかったのです。

なぜだ・・・

目次
閉じる