真珠湾奇襲攻撃 4〜山本五十六の決意〜|太平洋戦争

前回は「真珠湾奇襲攻撃 3〜山本五十六の熱意〜」でした。

山本五十六連合艦隊司令長官(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

軍令部と連合艦隊の間で、ハワイ真珠湾奇襲攻撃の是非が論じられている間も、実行部隊は猛訓練を続けていました。

大西瀧治郎・源田実らによって、ハワイ攻撃に向けた具体的計画の詰めと実地訓練が内地(日本国内)で行われていました。

大西瀧治郎 第十一航空艦隊参謀長(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

第一航空戦隊(南雲司令長官直卒):空母 赤城 加賀

第一航空艦隊旗艦 空母赤城(Wikipedia)
第一航空艦隊 空母加賀(Wikipedia)

第二航空戦隊(山口司令官)   :空母 飛龍 蒼龍

第五航空戦隊(原司令官)    :空母 翔鶴 瑞鶴

源田実 第一航空参謀(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

各戦隊の隊員等は、真珠湾奇襲攻撃を成功させるために、一生懸命に文字通り「血の滲むような」努力を続けてきました。

真珠湾周辺が浅瀬であったため、魚雷での攻撃は困難を極めました。

魚雷の深度を浅くしなければ。

かなり難しいが、やってみよう。

しかし、魚雷の工夫と「月月火水木金金」の決死の訓練によりなんとか攻撃の成功が見込まれました。

真珠湾奇襲攻撃に反対していた作戦の総指揮を執る南雲忠一 第一航空艦隊司令長官。

南雲忠一第一航空艦隊司令長官(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

この頃、依然として反対の姿勢でした。

もともと、山本長官と南雲長官はあまり折り合いが良くない関係です。

山本長官は、一体何を考えているんだ。

その中、空母飛龍 蒼龍の二隻は「航続距離がやや短い」などの理由により、真珠湾奇襲攻撃部隊から外されたのです。

「第一航空戦隊と第五航空戦隊の空母四隻で、ハワイ真珠湾奇襲攻撃実施」と決まりました。

私の決意を、皆がやっとわかってくれた。

伊藤整一軍令部次長(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

永野総長の決裁だから仕方ないが、
この作戦は無理がある。

空母四隻を、この博打のような作戦に出動させるのは
本意ではないが、やむなし。

なぜ、我ら空母飛龍・蒼龍が外されなれなければ
ならないのだ!

山口多聞第二航空戦隊司令官(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)
目次
閉じる