ドイツの戦車模型|第二次世界大戦

前回は「薩摩の国」の話でした。

歴史群像2022年6月号(学習研究社)

今回は、歴史群像2022年6月号の付録「ドイツ戦車ティーガーI」のペーパークラフトを、作成する話です。

こういう付録は、「面白そうだな」と思って、「しまったまま」で月日が流れてしまうことがあります。

今回は、小学生の子どもと一緒に作成しました。

子どもが切ったり、貼ったりした部分があるので、少し歪な部分もあります。

戦車のタイヤ部分で、ギザギザを丁寧に切るのは、結構大変です。

タイヤの円は、子どもが切ったので、少し曲がっていますが、なかなかうまく切れました。

丸めて、ボンドで貼って、タイヤが完成しました。

こういうタイヤをいくつか作成しますが、なかなか大変です。

戦車本体を作ってゆきます。

「子どもと一緒につくる」こともテーマの一つなので、タイヤの一部が変な形になってしまいました。

キャタピラーがついて、いよいよ戦車らしくなってきました。

ここまで作成するのに、数時間かかりました。

車体上部ものって、砲塔を乗せる部分を作ります。

このペーパークラフトの優れているのは、砲塔や砲身が「可動である」ことです。

上の写真で、丸く切ってある部分に砲塔を入れて、「砲塔を動かせる」仕組みになっています。

非常に小さなパーツが出てきました。

切るだけでも、一苦労です。

これは、大砲の先端部分となります。

少し変わったパーツが出てきました。

比較的大きいので、切りやすいですが、このギザギザを丁寧に切るのは、少し忍耐が必要です。

丁寧に切って織り込んでみると、砲塔を入れるパーツになりました。

細身のペンと比較すると、この小ささなので、貼り合わせるのは、結構大変です。

大砲の砲身を作成して、繋げてゆくと、大砲になってゆきます。

大砲の部分が出来ました。

少し隙間があるのは、「可動するようになっている」ためです。

やっと完成です!

子どもと一緒に10時間以上かかりました。

非常に精巧に出来ていて、歴史群像担当者の方の苦労が偲ばれます。

ぜひ、またこういう付録は作って欲しいです。

戦車の戦闘シーンで遊んでみたい気持ちもあります。

今回の模型のように非常に精巧な模型も良いですが、もう少し大雑把で、「いくつか作って戦場のようになる」のも面白いと思いました。

今、ウクライナでは、実際にこの戦車たちが沢山動いていて、バンバン大砲を撃っている現実を考えると、複雑な気持ちにもなります。

複雑な気持ちもありますが、「歴史を学ぶ」姿勢も大事です。

歴史好きとしては、「ドイツの電撃戦などを模型で、模擬体験できるセット」なども面白いと思います。

歴史群像をお持ちで、まだ作成されていない方。

ぜひ、作成してみてください。

目次
閉じる