本能寺の変 2〜キリシタン勢力と本能寺の変〜|織田信長と明智光秀

前回は「本能寺の変の真相 1〜世界情勢と本能寺の変の関係〜」の話でした。

織田信長と明智光秀(新歴史紀行)

本能寺の変に関しては、昔から様々な説があります。

明智光秀がなぜ謀反を起こしたのか?の理由は、怨恨説や将来不安説、「国替えを命ぜられた」説、長宗我部との連携説など数多く語られてきました。

または、裏で羽柴秀吉が、あるいは徳川家康が関わっていたという黒幕説。

羽柴秀吉(歴史群像シリーズ 図説・戦国武将118 学研)

当時、信長と朝廷が非常な緊張関係にありました。

朝廷側の近衛前久たちが裏で光秀をそそしていた説もあります。

歴史好きにとっては、興味のつきない話題であります。

以前は、日本国内にばかり目がいっていたのですが、最近はキリシタン・南蛮=スペイン・ポルトガルなどとの関係に触れている本が多く出版されていて、とても興味深いです。

本能寺の変 1(歴史道vol.13 朝日新聞出版)

最近読んだ「キリシタン教会と本能寺の変」は、本能寺の変とキリシタンとの関係、あるいは宣教師たちからの視点が描かていて、新たな解釈があります。

特にルイス・フロイスの報告書等は一つの資料として、興味深い。

キリシタン教会と本能寺の変(浅見雅一著)

歴史は、一次資料を読み解く事が大事です。

本能寺の変前後の書物は、公家たちの日記や秀吉が書かせた惟任退治記など沢山の資料があり、信憑性の高さは様々です。

しかし、これだけ大きな政変に関する記事は、どうしても本人の立場や考え方・世間との関わり、等沢山の要素があります。

「どの資料が信用が高いか?」は難しい判断となり、歴史家の方々の間でも意見が割れています。

本能寺の変 2(歴史道vol.13 朝日新聞出版)

この本で面白かったのは、フロイスの「信長の死について」という報告書内の「(キリシタンの)高山右近が明智光秀の軍勢を破った」という部分です。

山崎合戦図(図説豊臣秀吉 戎光祥出版 柴裕之編著)

これはキリシタン贔屓のフロイスの立場を、大いに割り引いて考えなければなりません。

摂津に領地があり、キリシタンに大きな影響力を持っていた高山右近。

高山が「当時どのように動いていたのか」の一つの資料として興味深いです。

高山右近(Wikipedia)

秀吉の「中国大返し」は「物理的にありえない」「事前に本能寺の変が起こるのを知らないと絶対に不可能」という意見があります。

確かに2万人もの軍勢の兵站・兵糧等を考えると、かなり難しい点があります。

羽柴秀吉 中国大返し 1(図説豊臣秀吉 戎光祥出版 柴裕之編著)

僕は、「秀吉自身が京都に急遽舞い戻ることが最重要で、実際の兵力はもっと少なかったのでは」と考えています。

「毛利家と密約ができていた」という説もあります。

比較的実直な家風の毛利家といえども、盟約の反故が日常茶飯事であった戦国時代。

毛利に対して秀吉は、秀吉はある程度の兵力を、備中や播磨に残さざるを得なかったと考えます。

羽柴秀吉 中国大返し 2(歴史道vol.13 朝日新聞出版)

具体的には1万人程度を毛利の押さえに残していて、半分程度の1万人ほどで山城の明智光秀めがけて進撃したのではないか。

半分の1万人でも兵站線の維持・兵糧の手配は大変なことです。

羽柴秀吉 中国大返し 3(歴史道vol.13 朝日新聞出版)

上様の弔い合戦のために、駆けに駆けて、
光秀めを倒しに向かったのだ!

それは「織田家で情報や兵站を信長に任されていて、お金・兵力に関して織田家随一の権限があった秀吉のみができた」ことと考えます。

目次
閉じる