前回は「西郷隆盛 2〜近世を葬った男の実像〜」の話でした。

今回は、西南戦争における政府軍側の陸軍軍人「谷干城と児玉源太郎」を取り上げます。
西南戦争においては、当時日本に6箇所しかなかった「日本陸軍の軍事拠点」とも言える鎮台の一つ、熊本鎮台=熊本城で薩軍を阻みます。
当初、西郷隆盛は「最強の我が薩摩軍なら熊本城を抜くことくらい、容易いこと」と考えていたでしょう。
しかも鎮台兵の多くは、士族ではなく徴兵された兵なので、薩摩軍の多くの軍人は「敵ではないわ!」とかなり強気だったでしょう。
211129西郷隆盛m
西郷隆盛(国立国会図書館)
しかし、意外なことに「抜ける(陥落させる)はず」の熊本鎮台は非常に頑強で、日本最強の薩摩軍が勝てません。
熊本鎮台で司令長官として指揮を執っていたのは、土佐藩出身の谷干城でした。
谷干城01m
谷干城 熊本鎮台司令長官(国立国会図書館)
同じ土佐の乾退助(板垣退助)とともに、主に土佐藩士を率いて討幕に大きく貢献した非常に優秀な陸軍軍人です。
211227板垣退助01m
板垣退助(国立国会図書館)

板垣同様に非常に「熱い男」で、新政府軍の方針に反感を持っていましたが、西南戦争では反政府軍の西郷・薩軍に徹底的に抗戦します。

超強力な薩軍から熊本鎮台を防衛したのは谷の軍事能力の高さを示します。
また、谷を補佐したのが准参謀だった児玉源太郎です。

児玉源太郎01m
児玉源太郎 熊本鎮台准参謀(国立国会図書館)

若い頃から非常に優秀で、将来を嘱望されていた児玉源太郎は長州藩の支藩:徳山藩出身です。

新政府側から非常に重視されており、薩軍に熊本鎮台が攻撃され、児玉が陸軍少佐として籠城した際、「児玉に何かあっては、大変困る」と心配した政府幹部が「児玉少佐は無事か!」と現地へわざわざ問い合わせた逸話もあります。

西南戦争01wm
西南戦争(Wikipedia)

薩軍相手に奮戦した児玉はその時の経験を活かして、台湾総督を務めたのち、日露戦争では満州軍総参謀長として、日本陸軍よりも強大なロシア陸軍撃退を主導します。
西南戦争は「維新の立役者の一人」である西郷が賊軍となってしまう事件でしたが、この時の経験が多くの軍人とって後の日清・日露戦争で活かされたのです。
ご興味持って読んで頂けた方は、ぜひ下のボタンをクリックして応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ